よくある質問

Q1. オートマチックとマニュアルで悩んでいるけれど、どちらがいいの?

MT(マニュアル・トランスミッション)で取得すれば、もちろんAT(オートマチック・トランスミッション)車も運転できます。
しかし、現在、新規登録の普通乗用車は9割以上がAT車ですし、特に必要を感じていないのであれば、ATでも充分だと思います。(ATで取得しても、限定解除をすればMT車に乗ることができます。)
ただし、トラックなどの業務用の車はMT車が多いですし、仕事で車を運転するのであれば、自動車そのものへの理解を深めるためにもMTが必要だと思います。
当校の傾向としては、男性はMTが多く、女性はATが多いです。

↑Page Top

Q2. 日曜しか休みが無いけど、免許は取れるかなあ?

1年を通して本当に日曜・祝日しか休みがないのであれば、運転免許試験場での学科試験を受けることもできませんので、免許の取得は難しいと思います。しかし、年間で数日、平日での試験を受ける為に都合がつくのであれば、期間はかかりますが、免許の取得は可能です。
当校では過去に、日曜の仕事の休みを利用して教習を受けながら、試験の日は都合をつけて、4ヶ月少々で無事卒業された方がいらっしゃいます。

↑Page Top

Q3. 自動車のことを全然知らないのですが、大丈夫でしょうか?

大丈夫です。おまかせください。
大抵の方は自動車学校で教習を始めてから自動車のことを勉強します。
当校では親切・丁寧をモットーとして、楽しく教習をしながら、結果的に早い卒業ができて、無事故で運転していただけるように職員一同がんばっております。
また、教習車1台あたりの教習コースの面積が広くて、のびのび教習ができますし、直線が長いので練習の初期のころから実践的なスピードで練習できますので、効果的な練習ができます。

↑Page Top

Q4. 短期間で免許を取って大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。
当校では、教習の内容を削って在籍期間を短くしているわけではなく、効率のよい予約の取り方や、スムーズに教習を進めるためのポイントを押さえた指導をしているので、結果的に在籍期間(のべの通学日数)が短くできるという事ですから、ご安心ください。

↑Page Top

Q5. オートマチックの限定解除がしたいけれど、どうすればいいの?

限定解除の手順は次の通りです。

  1. 教習コースでマニュアルの教習車での練習を4時限以上して、みきわめをとります。
  2. 教習コースでマニュアルの教習車で試験を行い、合格すれば合格証明書を交付いたします。
  3. 合格証明書を持って運転免許試験場に行くと、現在の運転免許証の裏に「限定解除」の記載がされます。

当校では、1日に2時限まで教習の予約ができますので、最短で3日間あれば限定解除ができます。

↑Page Top

Q6. 以前、応急救護の講習を受けたことがあるけれど、応急救護処置の教習は受けなくてはいけないの?

応急救護処置の教習を免除されるのは、次の場合です。

  1. 「応急救護処置に関し医師である者に准ずる能力を有する者」で、具体的には医師・保健師・看護師・准看護師・救急救命士・消防隊員で特定の講習を受講された方などです。
  2. 自動二輪の運転免許証をお持ちの方。

上記の方は、その免許証を提示していただくと受講を免除されます。

↑Page Top

Q7. オートバイの免許が取りたいけれど、どうすればいいの?

申し訳ありません、当校は第一種普通免許(普通車)のみの取り扱いとなっております。
愛知県指定自動車教習所協会のホームページに愛知県内の教習所(自動車学校)の取り扱い車種の一覧がございますので、そちらをご覧ください。

↑Page Top

Q8.  トラックの免許が取りたいけれど、どうすればいいの?

申し訳ありません、当校は第一種普通免許(普通車)のみの取り扱いとなっております。
愛知県指定自動車教習所協会のホームページに愛知県内の教習所(自動車学校)の取り扱い車種の一覧がございますので、そちらをご覧ください。

↑Page Top

Q9. 原付の免許が取りたいけれど、どうすればいいの?

原付(原動機付自転車)の運転免許証には、実技試験がありませんので、運転免許試験場での直接受験しかありません。(学科試験の合格後に実技の講習があります。)
詳しくは、愛知県警察のホームページの運転免許にある「原付免許、小型特殊免許を取得する方法」をご覧ください。

↑Page Top

まずは資料請求

お見積もりフォームへ

仮入校申し込み

Tポイント貯まります!

↑Page Top