入校のご案内

迷ってるあなたにアドバイス! MTとAT限定、どっちを取ればいい?

普通運転免許を取得する際に迷うのが、MT(マニュアル)とAT(オートマチック)限定、どちらがよいのか、ということ。街で見かける自動車の多くがAT車ですが、社用車などでは現在もMT車が採用されているケースが見られます。

お好みの自動車のタイプやライフスタイルに合わせて、どちらのコースを受講するか検討しましょう。

庄内橋自動車学校における、MTとAT限定の割合

庄内橋自動車学校では、男性はMT女性はAT限定で免許を取る方が多い結果になっています。

MTとAT、それぞれのメリット

MT車(マニュアル)

運転中のギアチェンジに、クラッチ操作が必要です。
スポーツタイプの自動車に多いタイプで、「クルマを操っている」感覚を存分に味わうことができます。
社用車(特に貨物車)として、MT車を採用している企業もあります。

※MT車の運転が可能な一般免許を取得していれば、AT車も運転できます。

AT車(オートマチック)

ギアチェンジがオートで行われる、クラッチ操作不要の自動車です。
街乗り用として販売されている自動車の多くがこのタイプで、手軽に運転できるため幅広い層に人気があります。
MT車免許に比べると、操作の習得がしやすくなっています。

※AT限定免許の場合、MT車を運転することはできません。

↑Page Top

MTとAT、選ばれているのはどっち?

日本で販売されている自動車のうち、現在では90%以上をAT車が占めています。
「簡単に運転でき、家族で一台の車を共有しやすい」「渋滞時のギアチェンジなどがMTは不便」といったことが理由としてあげられるようです。同車種なら MT車より車体価格が高いにもかかわらずこれだけの支持を集めるAT。今後、EV(電気自動車)になれば全てAT車になりますから、MT車を運転する機会がなければ、「AT限定免許」を取得すれば大丈夫でしょう。

こんな方はMT車

「運転をもっと楽しみたい」「社用車がMT車なので運転できるようにしておきたい」とお考えなら、MTの運転も可能な普通免許の取得をおすすめします。庄内橋自動車学校では、教習生のうち男性は7割以上、女性はおよそ1割の方がMT免許を取得されています。

教習を受ける時間がない場合や当面の費用をおさえたい場合には、まずAT限定免許を取っておいて、運転に慣れてから必要に応じて「AT限定解除(※)」をするのもよいでしょう。

※MT車での、4時限以上の所内教習、および実技審査が必要です。

↑Page Top

まずは資料請求

お見積もりフォームへ

仮入校申し込み

Tポイント貯まります!

↑Page Top